【1868】VICTORIAN 9K GOLD SIGNET RING
  • 【1868】VICTORIAN 9K GOLD SIGNET RING
  • 【1868】VICTORIAN 9K GOLD SIGNET RING
  • 【1868】VICTORIAN 9K GOLD SIGNET RING
  • 【1868】VICTORIAN 9K GOLD SIGNET RING
  • 【1868】VICTORIAN 9K GOLD SIGNET RING
  • 【1868】VICTORIAN 9K GOLD SIGNET RING
  • 【1868】VICTORIAN 9K GOLD SIGNET RING
  • 【1868】VICTORIAN 9K GOLD SIGNET RING
  • 【1868】VICTORIAN 9K GOLD SIGNET RING
  • 【1868】VICTORIAN 9K GOLD SIGNET RING
  • 【1868】VICTORIAN 9K GOLD SIGNET RING

【1868】VICTORIAN 9K GOLD SIGNET RING

品番:ant2107 108,900円(税込)

SOLD OUT

1868年のホールマークが押された、イギリス伝統のシグネットリング。
約155前の非常に古いリングになり、ヴィクトリア朝時代にあたります。
1868年の日本ではちょうど戊辰戦争が行われ、新政府によって明治が誕生した年です。
ここまで古いシグネットリングで、このような優れた状態のものは歴史的にも非常に貴重かと思われます。
リングのトップにはおそらく所有者のイニシャルが刻まれています。
ずっしりとした重みのあるゴールドは、イギリスで古くから親しまれてきた9金のローズゴールド。
王室も好んで使用することから、ロイヤルゴールドとも呼ばれる伝統の素材です。

シグネットリングとは紋章やイニシャルが刻まれたリングのことを指し、もとはハンコのような役割を兼ね備えていました。
近年では、その役割は不必要となったため刻印がされていないものも多いですが、
王族や貴族の文化が生んだ歴史背景が、根強い人気のひとつとなっています。

また、イギリスにはホールマーク制度と呼ばれるものがあり、
貴金属として価値を持つものは、品質の保証から指定された検査所でチェックを受ける仕組みになっています。
その際に押されるホールマークを年表と照らし合わせることで、作られた工房や検査所、年度が正確にわかり、
このリングは1868年にバーミンガムで検査が受けられたことがわかります。

サイズは男性の指につけやすい約20.5号です。

※ヴィンテージらしい雰囲気を残すため、クリーニングは最小限に留めております。
艶を出したい場合は、ゴールド磨きなどでご調整ください。



 

ITEM SPEC 


ブランド名 -
商品名 【1868】VICTORIAN 9K GOLD SIGNET RING
サイズ 約20.5号
重さ 約8.5g
素材 9Kローズゴールド
付属品 -
ラッピング 対応いたします
備考 ヴィンテージ品のため、
経年による汚れや傷、くすみがございます。
予めご了承ください。